院長紹介

takano.jpg院長:高野 真吾

 

1995年3月 北海道旭川東高等学校卒業
2001年4月 北海道大学医学部医学科卒業

国立がんセンターレジデント、東京大学耳鼻咽喉科、JR東京総合病院、会津若松市の竹田綜合病院耳鼻咽喉科長を経て、2010年4月より国立国際医療研究センター耳鼻咽喉科にて勤務。耳鼻咽喉科全般の診療、手術、後進の指導に加え、赴任当初より音声専門外来を担当し、音声障害の診断、外来治療、手術治療を数多く行う。音声・嚥下領域での臨床研究を行い、論文執筆、各学会にてシンポジスト・パネリストを務める。2016年4月より翔和仁誠会たかまつ耳鼻咽喉科副院長に就任。2017年1月より豊洲ベイシティクリニック耳鼻咽喉科の院長に就任。

資格・その他

日本耳鼻咽喉科学会 専門医
日本気管食道科学会 専門医
身体障害者福祉法第15条指定医
補聴器相談医
臨床研修指導医
国立国際医療研究センター非常勤医員

 

2017年1月に豊洲ベイシティクリニック耳鼻咽喉科の院長に就任いたしました。

それまでは大学病院や地域の基幹病院にて耳鼻咽喉科全般の診療・手術を行い、前任の国立国際医療研究センターでは音声・嚥下の診療・手術・臨床研究に力を入れて行ってきました。

それ以外にも、症例数の多い鼻疾患や子供の中耳炎、高齢者の難聴の補聴器相談等、様々な診療に関わってきました。当法人では2006年より外勤医として定期的に診療を行ってきましたが、理事長の診療方針・理念に賛同し、2016年4月よりたかまつ耳鼻咽喉科の副院長に就任しました。多摩地方の地域医療に微力ながら貢献できたかと思っております。

今後は当院の院長として、今までの専門的な経験や当法人での診療経験を生かしながら、豊洲エリアの地域医療、また豊洲で勤務されている方々の健康維持に貢献したいと思います。滲出性中耳炎に対する鼓膜切開や鼓膜換気チューブ留置、アレルギー性鼻炎に対するCO2レーザーや舌下免疫療法等、可能な限り当院にて一貫して診療を行います。紹介が必要な方は、近隣の昭和大学江東豊洲病院をはじめ、各基幹病院への紹介が可能です。

また、毎週水曜日は国立国際医療研究センターにて一般外来、音声専門外来、手術を行っております。専門治療が必要な方は紹介の上引き続き国立国際医療研究センターと当院で診療を継続することも可能です。特に音声障害・嚥下障害にてお困りの方は、是非ご相談ください

家庭では9歳男児、2歳男児の二児の父です。お子様やご両親、ご家族の不安な気持ちを理解し、親身になって診療いたします。待ち時間に退屈しないよう、絵本なども少しずつ充実させています。小さいお子様も安心して受診していただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。